【ご感想】「これからはどうすればいいか分かると思う!」親子でギャクサン@東京










9月末〜11月17日までに4回に渡って開催した

『親子でギャクサン@東京』の最終回。

>>親子でギャクサンとは?



子供たちがそれぞれに立ち上げた

プロジェクトに取り組んだ1ヶ月を振り返り、

できたことやできなかったことなど、

プロジェクトを終えての成果を発表する会なのですが。。。



もう、泣けて泣けて。



『最高の犬を飼うプロジェクト』にて、

見事犬を飼う権利を勝ち取ったHちゃん♡

おめでとうーーーーーーー!!!



詳細はこちらに^^ ※ハンカチのご用意をお忘れなく涙。

▼▼


親子でギャクサンはたった4回の

ワークショップなのですが、



約2ヶ月間その間の子供たちの変化、

そしてそれに刺激を受けて生まれる

保護者の方たちの変化を目の当たりにして

もう感動しきりに。


ご感想の記事を少し 抜粋させていただきますと、

本来 プロジェクトの内容は 大人からみると 「そんなムダな…」 と思ってしまう事であっても 子どもがやりたい! と決めたことならOK そして大人がアレコレ言って 邪魔しないでほしい、と マキ先生はいいます 自分の望みを書きだして その中で叶えたい事を選び 期限を決めて 逆算し、行動をおこす この手順を踏んでこその 自分がやりきれた! がんばれた! という達成感と成功体験 これを体験するのが大事であって 全然、完璧にできなくってもいい 犬をわが家に迎える方法が ただ、ムスメが 「欲しい〜飼いたい!」 とおねだりして叶えたのと 今回のように 自分が行動したことで 叶えたのでは 同じ「犬を飼えた」 という結果であっても きっと意味合いが変わるはず 今回参加してみて ムスメはこう言いました 「ギャクサンのやり方を知れたから、 これからもどうすればいいか分かると思う」 大人であっても なかなか難しい逆算思考 子どもの頃から私も知っていたら… と思うと羨ましい限り!

そう、何もプロジェクトが失敗しようと

うまくできなかろうと、

そんなことはどうでもいいんです。



一通り実際にやってみるということを

体験して欲しい。


目標を決めて必要なことを洗い出し、

締め切りを決めてアクションすること。



何が効果的だったのか?

何がいけなかったのか?



うまくいってもいかなくても、

将来のために必要なデータが生まれる♡



//


上手くいったのなら

それがまぐれで終わらないように!

失敗したのなら、

その失敗を二度と繰り返さないために!


\\



これを繰り返していくことで

自分にとっての『勝ちパターン』が

見えてきますよ^^



それを子供のうちから手に入れられるって、

すごくないですか?!


小学6年生の女の子の人生の逆算。



犬を飼いたい、海外に留学したい、

本を出版したい、パリで仕事がしたい...etc...



叶えたいことがあるのなら、

それ、全部プロジェクトにしてみると

案外叶っちゃいますから^^



「ギャクサンのやり方を知れたから、

これからもどうすればいいか分かると思う」



ほんと、これです。



この感想が全国の子供達から

聞こえるようになって欲しいーーー!



今年の夏にゆる〜くひっそりこっそりと?

募集をしていた『親子でギャクサンリーダーさん』

実は水面下では着々と準備が進んでおります♡



2020年、新たなスタートの年を迎える

親子でギャクサンにぜひご期待ください

╰(*´︶`*)╯♡


>>これまでの開催の様子


>>参加者さんの声







©2019 by oyakodegyakusan.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now