【自分が子供の時に欲しかったー!】親子でギャクサンご感想











将来の夢は動物園と水族館の獣医さんになること!(小2男の子)

親子でギャクサン@東京のこれまでのご感想はこちら>>



親子でギャクサンを開催していて思うことは、

参加を決めるのは常に大人だということ。



自分がもし子供だったら、

子供のころに戻れるのなら、



あの時もっとこうしたかったかも!

本当はあれってこうなったかも!

なんて後悔にちょっぴり似たような?



そんな気持ちが

ちょっぴりおありなんじゃないでしょうか^^



だって、私自身、

逆算手帳の認定講師になって

逆算手帳を使い始めて最初に思ったのが



「20代の時に出会いたかったんですけどーーー!!」



笑笑。



もちろん、

今までがあるから今がある。



そして、

過去をどうにかするのではなく、

これからの未来に期待したい。


そう強く思うからこそ、

我が子を見た時に

「逆算思考を早くから身につけられたら!」

って感じてくださっているのだと思うんです^^



「子供の時に欲しかったー!」

ご参加者さんの感想をシェア↓↓


開催の初日に必ず聞くことは、

「今日はママになんて言って誘われましたかー?」

「何をするって聞いて来たかなー?」

の、2つ。



で、だいたいみんなの答えは

「何も聞いてなーい」

「何するか分かんなーい」

と、だいたいの子がポッかーん状態w



それなのに!



会の内容が進めな進むほど、

どんどん書き上げて

みるみる楽しんでいく姿に

大人がどんどん置いてかれていくという笑。



そんな、保護者の皆さんが

子供たちの普段見たことないような

生き生きした姿や、そんなこと考えていたんだ!

なんて新発見があったりなどなど、



『親子で』開催する意味は

そこにあります^^

©2019 by oyakodegyakusan.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now